ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

文化・芸術

2017年8月16日 (水)

竹久夢二伊香保記念館〜群馬

9日 sun

ハラミュージアムアークを後にして、またバスで10分程。
伊香保です。
そこに、竹久夢二伊香保記念館があります。

Photo

本館の黒船館。
竹久夢二の作品ももちろんですが、この館も素敵な洋館です。
なかで、およそ120年から130年前のオルゴールの演奏と、当時のピアノの演奏もありました。

で、夢二のお話も聴けるんですが、この方、元々伊香保の方ではなくて岡山の方だそうで、なんで伊香保?なんですけど、これが1通のファンレターから。

12歳の少女から届いたファンレターに夢二は、とても優しいロマンティックな返信をしています。
この手紙は常設展示されているので、是非見て頂きたいんですけど、こんな返信をもらった少女はもう天にも昇る気持ちだったんではないかなという返信です。

Photo_2

こちらは、新館の義山楼。
夢二の作品が有る訳ではなく、当時のガラス製品の逸品が展示されています。

Photo_3

こちらは、その義山楼の玄関を内側から。
波打ちガラスにうつる庭がとても綺麗です。

Photo_4

こちらは、アンティークの家具と、同じ波打ちガラスを使った窓。
波打ちガラスというのは、当時今のような一枚の平均したガラスを造る事が出来なかったので、気泡が入ったり少し歪だりしてるんですけど(と説明して頂きました)、それがまた綺麗に景色を映すんですね。

この後、夢二子供絵の館にも入りました。

この日は本当に運良く木暮館長のお話を聞く事が出来まして、特別に黒船館3階の蔵座敷のお部屋でコーヒーとお菓子を頂き作品の解説もして頂きました。
館長はお忙しい方なのでこんな事はあんまりないそうです。
木暮館長は、ユーモアのある上品な方で、素敵な方でした。
はがきに夢二の和歌をかいたものを頂いたんですが、帰りに本を購入してそちらにも一筆お願いしてしまいました。ありがとうございました。

私、夢二というのは、美人画という知識しか無かったんですけど、もともとは今で言うイラストレーター、本の装丁をたくさんされている方なんですね。
子供雑誌の装丁をしていたから12歳の少女のあこがれの存在だったんでしょうか。
夢二は美術学校にはいっていません。当時の画壇の大家・岡田三郎助に25歳の時に絵をみせて、美術学校に行きたいといったそうなんですけど、岡田は「美術学校は君には向かない」と答えたそうで、独学だそうです。

黒船館だけだと1600円、全ての館の共通券だと2000円です。
結構な時間いたんですけど、まだ、たりないかなという空間でした。

2017年8月15日 (火)

ハラ ミュージアム アーク〜群馬

9日 sun

渋川駅からバスで15分くらい

Photo

広々とした、景色のいい場所にあります。
建物の中に入ると、ちょっとした廊下。
Photo_2

この逆光の向こうに景色が、広がります。

Photo_3

この、芝生におりて振り返ると

Photo_4

さっきのぞいていた建物。
本当に晴れてて良かった。
この空間自体がアート。磯崎新氏の設計です。

建物の中には、草間彌生さんの部屋もあります。
奈良美智さんの作品も。奈良さんの作品は実物は初めて見ました。グッズとして印刷された物よりずっと温かい雰囲気を醸し出す作品でした。

今は鬼頭健吾さんの作品の部屋が有ってここは、写真OKです。

Photo_5 coldsweats01

いくつかの部屋に外廊下で繋がるという形式の建物になっていて、都会の美術館と違ってリゾート感が素敵。
こちらは、東京の品川の原美術館の別館という事ですが、品川のには行った事有りません。
で、グリーン牧場と隣り合っているんですけど、共通券が1800円。ハラミュージアムアークだけだと1100円です。時間があれば共通券で、グリーン牧場を通り抜けて行く事をお勧めします。バス停からの道が全くの車道でつまんないから、、coldsweats01

2017年5月 7日 (日)

草間彌生展

sun

昨日の朝起きたら、彼がなんだか突然「来てよ」とか、言うので仕事が終わった後行って顔を見てきました。
で、どうせならこのチャンスに草間彌生展を見てこようと出かけたんですが、圧倒的な空間で、、、私に1時間半程しか時間がなかったものですから、走るようにしか見れず、、、
東京の人はいいなぁとこういう時は思います。

Photo

入ったこの空間は写真OKです。

Photo_2

原爆の足跡
Photo_3

いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり(上)
Photo_4

自殺した私
Photo_5

ここは、カラフルな空間ですが、写真不可のところはやはり抽象画なんですけども、また違う様相です。

確か、自殺した私という同じ題の絵もありました。
この方の赤と青、印象的です。


私が今までに見た絵画には無い感じ。ネガテイブな題がつけられていても、前向きなパワーを感じるというか、名古屋に常設展があったらなという気持ちで美術館を後にしました。

Photo_6

2016年2月17日 (水)

ピカソってイケメンだったんだ

16日sun

仕事終わりに友達と愛知県美術館にでかけました。

ピカソ。
こんなにたくさんのを一気に観られるなんて。

Photo

展示してあった絵の中から気に入ったポストカードを買ったので年代順に並べてみました。

やっぱり本物は違います。
一番右がキュビスムの時代の絵なんですが、こんな感じの絵がずっと展示されている部屋があるんです。
で、ずっと、観ていられそう。教科書で観た時は、なんだこれって感想しか持たなかったんですが、本物は違う。みてるとなんだか癒されるんです。

他の時代の絵もそれぞれからエネルギーが出ているのか、優しい気持になれました。

11歳からの絵が展示されているんですが、やっぱり天才だったんですね。
11歳で描いたんだ!って驚きの絵です。

最後に

Photo_2

23歳のピカソ。
こんなにハンサムだったなんて。
教科書にはこんな写真載ってなかった。

2015年10月 2日 (金)

古川美術館〜名古屋

9月29日 sun

芸術の秋という事で、先日行きそびれた古川美術館に行ってきました。

Photo
為三郎記念館と対になっていて、チケットも両端で切り取れて、片っぽで時間とっちゃたら、期間中はいつでもOKなんです。

今は、白秋之章というテーマで開かれているので、月の絵も多かったです。
先日のスーパームーン、途中で雲に隠れて見えなくなってしまったんですけど、こちらで堪能してきました。

私、芸術に詳しくないんですが、一番心引かれたのが奥田玄宗の秋耀。
月と朱色の赤に魅入りました。

奥田玄宗って方、恥ずかしい事に知らなかったんですが、広島に月が一番綺麗に見える美術館というのが有るようで、そこに数々の作品が常設展示されてるんですね。(家に帰ってネットで調べました。)一度、行ってみたいです。