ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 台湾旅行記(5)〜忠烈祠と故宮博物館 | トップページ | 台湾旅行記(6)〜中正紀念堂 »

2018年9月14日 (金)

検察側の罪人

cloudrain

Photo
ちょっと前に、検察側の罪人見てきました。
面白かったです。
木村くんも、ニノも、回りの役者さんたちも演技が上手い。

この本、映画公開の前に読んでいて、読んだ時に最上が、私の中ではもう、木村くんのイメージだった。沖野はニノというイメージは特にわかなかった。
この本を読んで、木村くんが最上をやると知ったときの友人は、もうヒーローやれないじゃんと、ちょっとぼやいたけど、私的には、それはそれ、これはこれで良いんじゃないか、全く別人で演じてくれるんじゃないかという期待があったんだけど、見事に期待通り人間の弱さを演じていてくれたと思う。
原作と映画は、ストーリーが少し違う。
監督が脚本も書いているから、監督の理解でかえてあるんだと思うが、正直いうとストーリー的には原作の方が好き。

原作の中で、逮捕された最上に会いに行った沖野が、最上の弁護を申し出て、最上が断るシーンがあり、その後で、沖野が咆哮するシーンがあるんだけど、そのシーンが見たかった。これは、映画のストーリーにはありません。

原作よりも、映画の方は、より内面的な部分に重きをおいているような。


指導官だった最上の元に、検事として沖野がやってきて一つの犯罪を任されます。
取り調べをするうちに、沖野はこれは、この人物(松倉)の犯罪ではないのではないかと、疑い始め、強引に犯人にしようとする最上にも疑いを持ち始める。
松倉は、23年前に女子高生を殺しているが、証拠不十分で捕まらず時効を迎えていた。殺された女子高生は、大学生だった最上の住んでいた寮の管理人の娘。
最上は、松倉を犯人にするために、真犯人を殺す。
この映画、所々、監督の日本に対するメッセージが挟まれていると思うんですが、セリフの一つで心に残ったのが「この国の報道の自由は世界の80位だ。」というセリフ。最上の友達で、映画の中で自殺してしまう丹野がいうセリフです。


台湾旅行記が長くなっちゃって、映画の感想忘れちゃうじゃんと、書いときましたcoldsweats01

« 台湾旅行記(5)〜忠烈祠と故宮博物館 | トップページ | 台湾旅行記(6)〜中正紀念堂 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー
オラ、ジェラとMIPを見た時に予告編はみただ、
むずかしいもんさねw
最上・・艦これの最上しかおもいうかばねーだw
お後がよろしいようでw
あ・・オラ和食でねく、洋食派だから、
やはり洋画なのかなw

現記さん、こんばんは〜〜。
ジェラはジェラシックパーク、MIPはミッションインポシブルでいいsign02
最上は艦ということですが、私、大和と武蔵しかわからない。
最上は、どこに出航したんですか?
あの、掛け軸のどっちか??
さておき、和食にもすき焼きがあるじゃないですか( ´艸`)プププ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599072/67166753

この記事へのトラックバック一覧です: 検察側の罪人:

« 台湾旅行記(5)〜忠烈祠と故宮博物館 | トップページ | 台湾旅行記(6)〜中正紀念堂 »