ウェブページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 祈りの幕が下りる時 | トップページ | ミュシャ展 »

2018年2月12日 (月)

氷川女體神社〜埼玉県

sun

埼玉に行っている時に、スマホを見ていたら埼玉には一宮が3つあると発見。
行ってきました。
東浦和の駅からバスで15分くらい。
さいたま市は、ほんとにバスの便がいい。バス停から2〜3分で小高い丘の上に有ります。
Photo

氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ)
Photo_3

往時はどんなだったかわかりませんが、本堂はそんなに大きくはないんですけど、とても美しい姿の本堂です。ご祭神は奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)から助けて結婚したロマンスの相手です。

氷川神社はご祭神が、須佐之男命です。
で、氷川神社との間に、中山神社というのがあってこれも一宮。ご祭神は二人の子供と言われる大己貴命(おおなむちのみこと)。この三社。直線上に有ります。
夏至に太陽が氷川神社に沈み、冬至に氷川女體神社から昇るそうです。

で、この本堂のある丘から見下ろすと、
Photo_4
公園の中に、
Photo_5
この日は、寒かったので凍っていました。
この辺り一帯が見沼と言う沼だった。そして、もともとは、この三社一つだったのではないかと言う事で、全部一宮のようです。
だとしたら、すっごく広い。めちゃめちゃ広い。
この見沼(みぬま)、徳川吉宗(とくがわよしむね)の時に干拓されてます。見沼には龍神が住んでいたので、氷川女體神社の本堂横には龍神が祀ってあります。

Photo_6

ココの本殿を吉宗公の時代に修復したのが、大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)。
ついこの間でかけた、東京豊川稲荷のお方でした。
ちょっとこちらも見といで、と言われたような気分。

この神社、埼玉の正倉院ともいわれるようで、お宝を所蔵しているんですけど公開されていないのでみれませんでした。北条泰時(ほうじょうやすとき)の奉納した太刀があるということだったのでみたかったんですけどね。

泰時のお父さんの義時(よしとき)を大河ドラマで松平健が演じたんですけどかっこよかった。当時、永井路子さんの時代小説のファンで、小説の中でも義時が素敵だったんですが、松平さんが素敵に演じてくれて、さらに義時のファンになったのを思い出しました。

« 祈りの幕が下りる時 | トップページ | ミュシャ展 »

神社・寺・古都」カテゴリの記事

コメント

この時期の神社詣でも寒くて大変だべ?
池にゃ氷はってるし、風は冷たいし
おら、この休みに富士山のふもとまで行って
浅間神社だかってのを横目に見ながら
寒さに耐えきれず、社内から頭下げて
終わりずら。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

誤字 社内⇒正 車内 ずら(^^ゞ

こんばんは、潤さん。
今年は、いつまでも寒いですね〜〜snow
そう、大好きな神社巡りもカフェでもないとやってられません。
富士山は麓と言えど寒かったでしょ。浅間神社の神様は、絶世の美女、車内から頭さげてるイカした潤さんには怒らないと思います( ´艸`)プププ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599072/66386051

この記事へのトラックバック一覧です: 氷川女體神社〜埼玉県:

« 祈りの幕が下りる時 | トップページ | ミュシャ展 »