ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

町民用ワイン

sun

Photo

娘。がもらってきたので、ふたりで乾盃。
彼は、下戸なので、、、happy01

いちごジュースのように綺麗な赤で、お味は酸味があって、すっきり。
食事と一緒に飲むのに良いワイン。

一番気に入ったのは町民用っていうネーミング。
裏メニュー的な、内輪感があってちょっとワクワク。
今夜も、いい気分ですheart04

2017年8月30日 (水)

萬松寺〜名古屋

29日 sun

彼が帰って来たので、大須の萬松寺に行ってきました。
ずっと工事中だったんですけど、やっと完成したようで、ピカピカのビルのお寺になっていました。

Photo

鳥居の奥に見えるのは白雪稲荷、その隣に見えるのが身代わり不動尊です。
ご本尊はビルの中。

元々は、大須に有ったのではなく中区の錦から丸の内にいたる大きな寺院だったそうで、信長の父信秀が織田家の菩提寺として開基したのが始まりで、信秀のお墓も有ります。名古屋城築城にあたり大須に移転。当時も相当大きなお寺だったようですが、大正元年寺域の大部分を解放して大須の商店街が誕生したそうです。
なので、今は地所は大きくはありません。お寺自体は名古屋大空襲で焦土となってしまった時に燃えてしまいました。

このお寺の歴史が先進的だった織田家の気風を受け継いでいるようで、今のピカピカのビルも、なんからしいなと思えてしまって、、、。古い寺社建築が好きな私ですが、萬松寺は、何度も参拝してます。なんか、にぎにぎしい大須の街の中に有るのに、そしてビルなのに、よい気持ちになれる場所なんです。

で、何を思ったか、彼が御朱印帳が欲しいと言い出して、

Photo_2

白雪稲荷の御朱印です。私、お寺神社は好きなんですけど、御朱印は興味がなかったんですが、まさか、ついてきてはくれるんですが、さほど寺社仏閣に興味があるとは思えない彼が欲しいと言い出すとは、、、、、。

そして、商店街で食べた氷。

Photo_3

ふわふわで美味しかったです。今日も暑かったけど、朝晩は涼しくて、、、夏ももう終わりですね。

2017年8月26日 (土)

にっぽんどまんなか祭り〜名古屋

cloudsun

今日、明日と名古屋で、踊りのお祭りです。
友達が参加するので観に出かけました。
朝方雨が降ったんですけど、晴れて来て、雨が降ったせいか風もあってお祭りとしては良い日だったと思います。

かっこいいのも有れば、

Photo

コスプレのもあります。

Photo_2

で、友達のは、

Photo_3

これ半日ぐらい踊って、明日もなんです。
見てる私も興奮して、一緒に出かけた友達と歓声をあげて少々疲れたんですけど、明日も踊る友達にはもう、尊敬しかありません。

明日も、今日のようなすごしやすい日で有りますようにnotes

2017年8月19日 (土)

そしてsummer vacationは終わってしまった。

14日 sun

私が、彼のところにフラフラ出かけている間、娘。は屋久島にでかけていました。
名古屋の自宅で、屋久島土産のたんかん酒で夜乾盃。

Photo

アルコール度はビールと一緒ですけど、めちゃめちゃ軽くて飲みやすい。ほとんどみかんジュースです。
で、屋久島の話を聞いたんですが、もののけ姫の舞台そのものだったようです。
「ママには歩くのちょっと無理かな」と言われてしまいました。行きたい、、、。

もひとつ買ってきてくれたお酒。

Photo_2

Photo_3

これは、ちょっと辛口だった。(忘れずに写真も撮ってきてくれる親孝行な娘。です)

最後に、娘。が撮ってきてくれた、

Photo_4

ご訪問してくれた皆様も幸せになりますようにheart04

2017年8月18日 (金)

榛名湖〜群馬

10日 cloud

伊香保温泉からバスで20〜30分。榛名湖です。

Photo

右手が榛名富士。
左手のお社は御沼オカミ神社。榛名湖は、榛名神社の御手洗沼なので、この社が有ります。祭神は龍神です。
榛名湖を、榛名富士に登るロープーウェイから見下ろすと

Photo_2

榛名湖は長い間殺生禁止の湖だったようですが、今はボートにも乗れるし、ワカサギも食べれます。

Photo_3  Photo_5

ワカサギのフリッター。熱々で美味しかった。右はコロッケとミンチカツが合体した物。2層になっていてこれも美味しかった。食べながら散歩できます。

榛名富士にあるロープーウェイを登ると、

Photo_6

右手の階段を上がりきると、

Photo_7

木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)のお社が有ります(コンクリートなので、割愛)
この石段の途中に石長姫(イワナガヒメ)や、饒速日命(ニギハヤヒノミコト)も祀られています。

Photo_8

木花咲耶姫と石長姫は姉妹で石長姫はお姉さんです。このお二人の名前違いすぎると思いませんか。姉妹共に、天孫、邇邇芸命(ニニギノミコト)に嫁ぎますが、お姉さんは返されてしまいます。木花咲耶姫,名前の通りとても美しいお姫様だったそうですが気性の激しい方だったようで、邇邇芸命に子供は自分の子じゃないんじゃないのと疑われた時に、産屋に火を放ちその中で無事に子供を産めたらあなたの子よ、といって出産します。その時の子供が3人。一人が海幸彦、もう一人が山幸彦。山幸彦の孫が神武天皇です。
木花咲耶姫は別名浅間様、富士山の神様です。

饒速日命は物部氏の祖神とされる人だけど、なぜ、ここに祀られているんでしょうか。

伊香保からロープーウェイを登ったところでガスが出てしまい、景色は全くみえませんでした。

伊香保からのバスは、ロープーウェイの前で停まりますが、一個前のバス停でおりるとユウスゲの道。ユウスゲが綺麗です。私たちは地理がよく解らなかったので、ロープーウェイ前まで乗ってしまいましたが、一個前で降りて散策するのがお勧めです。
尾瀬のニッコウキスゲがこの時期はきれいなんでしょうけど、こちらもバスの窓から見ても綺麗でした。

この日の榛名湖の気温は21(榛名富士山頂)〜24度(榛名湖周辺)。とても涼しくて、気持ちがよかったです。
夢二がここにアトリエを構えたのも解るような気がします。

2017年8月17日 (木)

伊香保温泉〜群馬

9日 sun

二つの美術館を見終えて、伊香保温泉です。

Photo

結構な石段。真ん中の石段が茶色いのは温泉のお湯が流れているからです。
石段をちょっと上がったところに関所跡。

Photo_2

これは当時の物ではなく、柱の跡だけは往時の物が有ります。

Photo_3

更に上がって行って振り返ると

Photo_4

上に行く程だんだん道幅が狭くなってお店がずっと並んでます。
石段を登りきったところに伊香保神社。

Photo_5
この木は拝殿の前の木です。石灯籠とまっすぐのびた木が印象的。
さらに、奥に歩いて行くと河鹿橋。

Photo_6

この右手の石垣は、千明元屋敷跡。
初期の宿の跡です。この伊香保の温泉の宿は、石垣の上に造られている物が多い。
そして、一般の住宅もどうやって建てたの?と驚くような建て方をしている物が多い。崖に建ってたりするんです。
更に奥に源泉。飲めます。でも、美味しくはない。

Photo_7

この日のお宿は岸権旅館。
お部屋は山荘風。夢二をイメージしたとネットにかかれていたので。

Photo_8

食事も美味しくて心遣いも細やかな良い旅館でした。
この旅館は創業400年。伊香保には岸権旅館のような大家が今も4つ営業しているそうです。往時はこのような旅館が関所の年番名主をしていたということで、岸権旅館は辰年の名主。ということは、12あったということですよね。

伊香保は映画テルマエロマエの撮影場所だったのかな?旅館に上戸さんと阿部さんのサイン色紙がありました。

2017年8月16日 (水)

竹久夢二伊香保記念館〜群馬

9日 sun

ハラミュージアムアークを後にして、またバスで10分程。
伊香保です。
そこに、竹久夢二伊香保記念館があります。

Photo

本館の黒船館。
竹久夢二の作品ももちろんですが、この館も素敵な洋館です。
なかで、およそ120年から130年前のオルゴールの演奏と、当時のピアノの演奏もありました。

で、夢二のお話も聴けるんですが、この方、元々伊香保の方ではなくて岡山の方だそうで、なんで伊香保?なんですけど、これが1通のファンレターから。

12歳の少女から届いたファンレターに夢二は、とても優しいロマンティックな返信をしています。
この手紙は常設展示されているので、是非見て頂きたいんですけど、こんな返信をもらった少女はもう天にも昇る気持ちだったんではないかなという返信です。

Photo_2

こちらは、新館の義山楼。
夢二の作品が有る訳ではなく、当時のガラス製品の逸品が展示されています。

Photo_3

こちらは、その義山楼の玄関を内側から。
波打ちガラスにうつる庭がとても綺麗です。

Photo_4

こちらは、アンティークの家具と、同じ波打ちガラスを使った窓。
波打ちガラスというのは、当時今のような一枚の平均したガラスを造る事が出来なかったので、気泡が入ったり少し歪だりしてるんですけど(と説明して頂きました)、それがまた綺麗に景色を映すんですね。

この後、夢二子供絵の館にも入りました。

この日は本当に運良く木暮館長のお話を聞く事が出来まして、特別に黒船館3階の蔵座敷のお部屋でコーヒーとお菓子を頂き作品の解説もして頂きました。
館長はお忙しい方なのでこんな事はあんまりないそうです。
木暮館長は、ユーモアのある上品な方で、素敵な方でした。
はがきに夢二の和歌をかいたものを頂いたんですが、帰りに本を購入してそちらにも一筆お願いしてしまいました。ありがとうございました。

私、夢二というのは、美人画という知識しか無かったんですけど、もともとは今で言うイラストレーター、本の装丁をたくさんされている方なんですね。
子供雑誌の装丁をしていたから12歳の少女のあこがれの存在だったんでしょうか。
夢二は美術学校にはいっていません。当時の画壇の大家・岡田三郎助に25歳の時に絵をみせて、美術学校に行きたいといったそうなんですけど、岡田は「美術学校は君には向かない」と答えたそうで、独学だそうです。
で、デッサンのような絵も有ったんですけど、パースの線がない。目から描いてるみたい。前に見た、ピカソもパースの線が無かったんですよね。

黒船館だけだと1600円、全ての館の共通券だと2000円です。
結構な時間いたんですけど、まだ、たりないかなという空間でした。

2017年8月15日 (火)

ハラ ミュージアム アーク〜群馬

9日 sun

渋川駅からバスで15分くらい

Photo

広々とした、景色のいい場所にあります。
建物の中に入ると、ちょっとした廊下。
Photo_2

この逆光の向こうに景色が、広がります。

Photo_3

この、芝生におりて振り返ると

Photo_4

さっきのぞいていた建物。
本当に晴れてて良かった。
この空間自体がアート。磯崎新氏の設計です。

建物の中には、草間彌生さんの部屋もあります。
奈良美智さんの作品も。奈良さんの作品は実物は初めて見ました。グッズとして印刷された物よりずっと温かい雰囲気を醸し出す作品でした。

今は鬼頭健吾さんの作品の部屋が有ってここは、写真OKです。

Photo_5 coldsweats01

いくつかの部屋に外廊下で繋がるという形式の建物になっていて、都会の美術館と違ってリゾート感が素敵。
こちらは、東京の品川の原美術館の別館という事ですが、品川のには行った事有りません。
で、グリーン牧場と隣り合っているんですけど、共通券が1800円。ハラミュージアムアークだけだと1100円です。時間があれば共通券で、グリーン牧場を通り抜けて行く事をお勧めします。バス停からの道が全くの車道でつまんないから、、coldsweats01

2017年8月14日 (月)

神楽坂〜東京

8日 sun

東京ドームに行く前に神楽坂をブラブラ。
初めての神楽坂散歩。
通り沿いは商店街って感じですけど。ちょっと横道に入ると、石畳がおしゃれ。

Photo

この日は暑かったので、通り沿いのビルの2階の雑貨と本屋さんの喫茶へ。
Photo_2

コーヒーとアイスクリームのセット。
Photo_3

美味しいコーヒーでした。

神楽坂の地下鉄の駅でて直ぐのところに、近代的な神社。
Photo_4

新国立競技場をデザインした、隈研吾氏の監修の、赤城神社です。
あんまりじっくり見なかったので、細かいところは解りませんが、装飾をはぶいたすっきりしたデザインなのかな。
戦災で焼失してしまう前の神社はどんな神社だったんでしょうか、、、。

   

2017年8月13日 (日)

東京ドーム

8日 sun

巨人vs阪神 行ってきました。
彼は、阪神ファンですが、私はドラゴンズ。
でも、入る前にオレンジのタオルを貰ったので、しっかり振ってきました。
そう、この日は、巨人が絶好調。
Photo

でも、阪神ファンはどんなに劣勢でも応援がすごい。
Photo_2

彼は、、、、ちょっとファン度が足りないんじゃないか?

で、お弁当。
Photo_3
叙々苑です〜。美味しかった〜〜。

今回もひとつすごいなぁ〜〜って思ったのが、
Photo_4
飲み物を売るに来るお嬢さん達。
もう、次から次へといらっしゃる。うっかりすると、売り子さんの渋滞がおこる。
もう、あの重い飲み物を持って何往復もする売り子さん達に感心しきりでしたheart04

2017年8月 6日 (日)

帰省

sun

ちょっと早い帰省を先週はしていたんですが、今回は、彼が疲れてるからグリーンで帰ろうとかいいだして、
はしだてのグリーンです。

Photo

ほぼ、貸し切り。この、枕が私的には邪魔でした。ただね、この路線揺れるんですけど、グリーン車は揺れない。なぜかしらん。

帰省すると、必ず食事に連れて行ってくれるんですが、

Photo_2

今回も、美味しかったです。
お義父さんはもう90を過ぎているんですが、しっかりしてみえて、毎日日記を書かれています。お義父さんの字は小さい。まじ、小さい。私も、紙にかいて渡してくれる文字が小さくて、目をこらして読むんですが、お義母さんは、あんまり目が良くないんです。
で、「あんなに、小さな字で書いて、、、私の悪口が書いてあるんだよ。アッハッハ!」
爆笑です。お笑いが大好きな、ファンキーなおばあちゃんです。
きっちり、ものを書いたり、笑が解るというのはぼけないって事なんでしょうね。
見習いたいです。(さぼらないで、ここに、書きにこなきゃ、、、coldsweats01

名古屋に戻って土曜は、高校時代の友達と、プチ同窓会。
こちらも、楽しかったですshine

2017年8月 5日 (土)

ちょっと一休み

4日 sun

毎日暑いんだけど、今日は昨日よりは気のせいか、少し涼しかったような、、、。
このところ、あちこち出かけていたら、なんだか書くのが億劫になって。
「いけない、色々思い出せなくなるといけないからと始めたブログなのに、、。後から読み返せなくなっちゃう」と、ちょっと、焦っている毎日です。

昨日まで、彼の実家に出かけていて、今日は彼を名古屋駅まで送ったんですが、その前にちょっと一休み。

Photo

タカシマヤのタワーズの8階に出来た三省堂とコラボしている喫茶店。
2冊まで本持ち込み可。
東京とか、大阪にはよく有るのでいいなあと思っていたところ、名古屋にも行きやすいところにできました。
アーモンドミルクのコーヒージュレだったかな?を飲みながら、約1時間。
伊坂幸太郎のAX読んじゃいました。
この、アーモンドミルク、フラペチーノなのでほぼ凍っていて、最後まで冷たくて良かった。
730円で、1冊読めて、それも、座り心地の良いソファ。ちょっと勉強する時もいいかも知れない。ちょくちょく、利用したいお店でした。

6日 追記
家に帰って、娘。に伊坂の新作面白かったよ〜って言ったら、なんで買ってこないのよと怒られました。で、彼女は即買いに出かけ、結局お家にAXございます。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »