ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 皇居〜東京 | トップページ | 成田山とランチ〜愛知県 »

2017年1月25日 (水)

沈黙ーサイレンス

24日sun

仕事帰りに、彼と見てきました。
ちょっとお疲れだったので、寝るかもと思ったんですが、一度も眠くなりませんでした。

遠藤周作の小説を、マーティン スコセッシ監督が映画化した物です。
原作はだいぶ前に読んでいたんですが、難しい小説でした。
篠田監督の作品は観ていないので、比べる事は出来ませんが、とても理解しやすい力作だと思います。台湾で撮影されたようですが、違和感が無い。

井上様を演じるイッセー尾形がいい。
なぜ、キリスト教が認められないのかという事をきちんと話すんですね。
ロドリゴとの会話が平行線をたどる。
通辞の浅野忠信の少し皮肉な感じもいい。
そして、裏切りを続ける窪塚洋介演じる、キチジロー。
彼は、ずっとロドリゴの側にいる。
あくまで私の解釈ですが、彼が神なのではないかと思うんです。
人の命と宗教どちらが大切なのか。その決断を迫られる時にキチジローが必ずいる。

私は、キリシタンではないので、正直一神教というのは解らない。
私の好きな、神社は結構人間が主祭神だったりするんですね。東照宮しかり、豊国神社しかり。出雲大社の大国主も当時の支配者だった人だと思うし。
また、自然の山とか岩とかがご神体だったりもする。

で、どっちかっていうと、日本的なアニミズムの方が共感できる。
オンリーONEとかナンバーONEという考え方は怖い。
迫害はもちろんダメだけど、当時の日本がキリスト教を禁じたのは理解はできる。
キリストは絶対に望まなかったと思うけど聖地回復という進出戦争もあったから。

長くなっちゃたけど、宗教ってなんなんだって正面から考えた映画だと思います。

« 皇居〜東京 | トップページ | 成田山とランチ〜愛知県 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

沈黙は20代の時に読んだかな。日本人は仏に至る道・神道・茶道・華道・武士道等、悟りに至る道(自己実現)と考えるから良いですね。
キリスト教徒、イスラム教徒等宗教人というのは聖典(経典)に書いていることを、そのまま行動しようとするから無理がある。
なぜ、なぜ、なぜと疑問を持ち、書いている事の本質を人生経験と照らし合わせながら探求することが何より大切な事。
神(神というものをどのように捉えているのかにも依るが)の沈黙は自己への問いかけにより自己の成長(自己実現・私が私と成る)を促している。
「神社は結構人間が主催神だったりするんですね」は良い線だと思いますよ~(^_-)-☆

いらっしゃいませ、スカイブルーさん。
コメントありがとうございます。
宗教というのは、難しいですよね。
おっしゃるとおり、なぜ?と疑問を持つ事が大切なんだと私も思います。

良い線と言ってもらえて嬉しいですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599072/64809193

この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙ーサイレンス:

« 皇居〜東京 | トップページ | 成田山とランチ〜愛知県 »