ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

尾張津島の天王祭とBBQ

sun

ほんとなら、昨日か今日のどちらか私は静岡に行って、「大野く〜ん」、「嵐〜〜」とのりのりのはずだったのに、最後まで予定を開けといたのにweep復活当選も無くweep
コンサートへの道のりは遠いgawk

23日 sun

お友達に誘われて初めて津島の天王祭に行ってきました。

Photo

まきわら船です。
綺麗でした。
津島は織田家にとってとても重要な商業都市(資金源)だったので、織田信長もこの天王祭を見学したと伝えられています。

24日 sun

お友達に誘われて、フラリエでBBQしてきました。

Bbq

お昼間からいい気分でした。

ホントは、ちょっとダイエット中だったんですが。

Photo_2

知人から頂いた夏野菜。こちらでしばらくダイエットがんばります。

でも、アリーナコン行きたかったなぁ〜〜。
誰が当たってるのかしら??

2016年7月22日 (金)

生国魂神社〜大阪市

17日 sun

カフェで休んで元気がでたので、近くの生国魂神社へ。

Photo

Photo_2

屋根の造りが面白いです。

右手に色々な神社が祀られているんですが、

Photo_3

それぞれの神社が違う造りで建てられているんです。

最初の天満社は
Photo_4
屋根が曲線の平入。

次の住吉社は
Photo_5
屋根が直線の妻入式。

正面になる皇大神宮社は

Photo_6
屋根が直線の平入。

時間がなかったので他の神社の造りはじっくり見れなかったのが、残念です。

この神社の手水舎に小さな兄弟がいて、小学生ぐらいのお兄ちゃんが2歳ぐらいの男の子を連れて来てたんですね。お兄ちゃんがせっせと弟のお世話をしているのが微笑ましかったです。あのお兄ちゃんに、たくさんのご利益があるといいなあ〜と思います。

2016年7月21日 (木)

高津宮〜大阪市

17日 sun

夜に娘。。の部活の発表会があるので、見に来て欲しいと言われてわざわざやって来た、娘。とお昼に合流。
時間もあるし折角だから、高津宮に行きたいというので、じゃあと出かけてきました。
娘。とは趣味があいます。

谷町9丁目で地下鉄を降りて、5分ぐらい。
仁徳天皇のゆかりの神社です。
少し高い所に建っていて、階段を上ると

Photo

茅の輪が有ります。奥が本殿。
翌日から夏祭りなので、紅白の提灯もみえます。
本殿右手に階段があって、摂社、末社に繋がってます。

Photo_2

本殿左手に縁切り坂が有ります。悪縁を断ってくれるそうです。

で、すぐそばにおしゃれな、カフェがあります。
GROVE。
前日の奈良散策で正直ヘロヘロでもう歩きたくない状態だったんですが、ここで元気回復。生国魂神社へこの後向かいました。

Photo_6 Photo_7 Photo_8

2016年7月20日 (水)

暑い

sun

暑いsign03

Photo

水辺を歩いても、

Photo_2    

風が吹いても、やっぱり暑い。

名古屋の今日の気温は34度、って朝の天気予報で言ってたけど、本州で一番高い温度だった。

2016年7月19日 (火)

春日大社 Ⅱ〜奈良県

16日 sun

まずは、伏鹿手水所。インパクトあります。

Photo_10

この左手に祓戸神社があります。もちろん、手順通りに進みます。
坂を上がって行く参道には石灯籠がずっと並んでます。

Photo_11

Photo_12

この門の奥、左手に砂ずりの藤。

Photo_13

花の季節ではないので咲いてはいませんが、枝振りだけでも嫋やかな美しい藤です。
春日大社は藤原氏の氏神ですが、鹿島神社と香取神社と枚岡神社から神様が奉遷してるっていうのが、なんか不思議。

今年は20年に一度の式年造替ということで、特別参拝ができるというので、お参りしてきました。

Photo_14

本殿です。本殿の回りも燈籠が囲んでます。その中には
Photo_15
徳川綱吉の奉納です。
お母さんの桂昌院が納めた燈籠も有りました。
綱吉のならびには、直江兼続と宇喜多秀家も。

Photo_16

Photo_17

Photo_18

こんな風にみせてくれる場所も有ります。お昼間に行っても大丈夫。

Photo_19

こんなところも。こういう感覚好きです。1000年の大杉の横から生えちゃってるんですよね、斜めに。斜めでもいいよheart04でも、囲いはどけないhappy01

この後、若宮、夫婦大国社、金竜神社をお参りしてきました。

Photo_20

飛火野。以前大野君が鹿に囲まれたのは、ここのような気がnotes

Photo_21

奈良の鹿さんはアイドルなのでこんな風にお願いすると、わざわざ灯籠の間に移動してポーズをとってくれますhappy02 。海外の方が、写真を撮っている様子をとっちゃいました。

帰路で食べた氷。

Photo_22

大和カフェだったかな。550円とお手頃で、お店の雰囲気も良くて熱中症になりかかっていた私は救われました。

 



2016年7月18日 (月)

春日大社 Ⅰ〜奈良県

16日 sun

せっかく、娘。。のところに出かけるんだから、奈良を散策してみようと、娘。。が部活に出かけた後に、一人でちょっと出かけてきました。
とりあえず、春日山原始林の、周遊コースって紹介されている所の中の、旧柳生街道を歩いてみたいなと。

まず、春日大社の一の鳥居。

Photo

を右に曲がって、浮見堂へ。

Photo_2

次は、志賀直哉の旧居を目指したんですが、途中趣のある神社が。
MAPには載ってなかったんですが、鹿の親子も遊びに来ていてなんか落ち着く感じ。

Photo_3

天神社ですが、元々は少彦名命が祀られて、菅原道真が合祀されたとありました。
すごく暑い日だったんですがここまではまだ元気。

ところが、ここから道に迷って志賀直哉の旧居にたどりつけない。
かなりうろうろしてやっと、標識を発見。
でも見つからない。JR奈良駅にある観光案内所で見つけたMAP簡潔すぎますcoldsweats02

迷ってる途中で、

Photo_4

鹿の親子に遭遇。こんなフツーのアパートにものんびりやってきてます。

ここから割と近い所で、志賀直哉の旧居発見note
Photo_5    Photo_6

立派なおうち。志賀直哉はボンボンだったもんね。白樺派のサロンだっただけあります。このあたり、休憩できるカフェも有ります。
もう、ここまでで疲れちゃったので、ここからささやきの小径を抜けて春日大社に行く事に変更。

Photo_7
Photo_8

結構な原始林です。だいぶ前をカップルが歩いてたんですけど、いなかったら心細かった。

そんなに時間はかからず、

Photo_9

到着です。

2016年7月12日 (火)

選挙

cloud

10日の日曜日に参院選に、10時頃でかけたんですが、会場結構混んでました。

で、夜に「真田丸みよ〜」ってテレビをつけたらもう終わる所。
そうか、今日は選挙速報で放送はやまったのかsad
で、どこのチャンネルもみんな速報で。
真田丸見逃したからじゃないけど、選挙速報ってこんな早くからやる必要ってあるのかしらん。
それよか、24時間テレビとか、27時間テレビみたいに前日の18時くらいから投票終わるまで、どこかの局で選挙放送してくれないかな。
ずーっと各党の政策流してくれるって言う番組。
色々、番組作るにあたって、頭も気も使わないといけないから、やってくれないよね?
選挙速報って数字流してれば良いし、もう投票終わった後だから、大抵の事言えるし制作するの楽だよね〜。
でもさ、もう少しマスコミも盛り上げて欲しいよね。
日和ってるよね〜。
イギリスみたいになっちゃったら困るよね〜。
てな、話を会社で、友達とうだうだしてました。

選挙が終わったら、1票の格差で選挙無効を弁護士さん達が訴えたというニュース。
1票の格差ってなんなんだろう。
ホントに、格差と言われるものが無くなったら、大都市ばっかり得しちゃうんじゃないかと逆に心配になってしまう。過疎の地域だって日本なんだから、いっその事、人口比率だけじゃなく国土面積比率でも、議員さんの数を決めてもいいんじゃない?ていうのは変ですか。

永六輔さんが亡くなって、上を向いて歩こうが流れて、いい曲だなと。
ザ・ピーナッツも亡くなって、ご冥福をお祈りします。

2016年7月 9日 (土)

母のらっきょう

rain

ちょっと前に、母がつけたらっきょうを一瓶持ってきてくれたんですが、思いのほかに(母さんごめん)美味しかったのと、このところの凄い暑さにさっぱりしたらっきょうがとても良くてあっという間に

Photo

もう無い。
ちょっと、出かけてねだってこようと思います。

子供の頃そんなにらっきょうは好きではなかったんですが、大人に成ると味覚ってかわるんですね。
セロリも茗荷も食べれるようになったし、なんならセロリのスティックサラダなんて大好きになっちゃった。
唯一苦手なパクチーもこの間カレー屋さんでカレーに乗ってたのを知らずに口に入れたら意外に食べれちゃった。

そんな話を、娘。にしてたら、「お母さん、年をとると危険に鈍感になるから食べれるようになるんだよ。小さいころは本能で危険を察知するから食べれないんだよ」と、きた。

笑ってたらたまたま視ていたテレビでパクチーのお店の紹介をしていて、その中でベトナムでは蚊に刺されないためにパクチーを食べるって話が出てきて、「え〜そうなの。蚊にとっては危険な匂いなのね」ってことで、はからずも娘。の言っている事に信憑性が出てきたというかcoldsweats01

子供の頃に好き嫌いはだめよって食べさせられたり、食べさせたりしてましたが、時がたてば食べれるようになるんだから、食事は難しく考えなくても良かったんだな〜と今更ながらに思いましたhappy01

今日は昨日までの暑さとは違い朝から雨のせいか涼しくすごしやすい一日でした。

2016年7月 6日 (水)

速玉大社〜和歌山県

6月28日 raincloud

花の窟神社を後にして、速玉大社へ。
予定としては、瀞峡でジェット船に乗るはずだったんですが、雨で川の水位が高くなりすぎて、予定に無かった速玉大社へ参詣できました。

Photo

本殿です。

鳥居をくぐって、右手に八咫烏の社があり、左手に御神木の平重盛が植えたと伝えられる、梛の大木があります。

Photo_2

どうやら、この御神木の葉を頂いてくると良かったようなのですが‥…。
帰ってから、知りました。

Photo_3
速玉大社のご神体は奥の神倉山です。

で、時間はあまり無くて、ここからバスで松坂駅まで戻りました。

Photo_4

松坂駅のタクシー乗り場と歩道の間にこんな牛さんがいくつも置かれているのが面白かったです。

お土産には、霊水で造られたお酒と梅酒も買いました。

Photo_5

お昼に食べたお弁当。

Photo_6  
Photo_7

蓋の牛がちょっと迫力あって、だけど開けるとオルゴールが流れるという美味しいお弁当でしたhappy01

バスの中あちこちで、オルゴールが流れて添乗員さんが「携帯が鳴ってる」と言い出して、笑えました。添乗員さんこのお弁当初めてだったのかな?

帰りの電車で、名産の目張り鮨と、さんま寿司も食べて、満足な日帰り旅行でしたscissors

2016年7月 5日 (火)

花の窟神社〜三重県

6月28日 raincloud

世界遺産に行って参りました。
お邪魔させて頂いているブログで花の窟神社を知ってから行ってみたくて。
友達とお茶してる時に「行きたいんだよね〜、でも日帰りは無理だよね〜」と言ったら、隣に座った友達が、「ある。日帰りのプラン。」
で、トントン拍子に申し込み行ってきました。

あいにくお天気は雨だったんですが、
朝7:30に、近鉄駅に集合して、

Photo

かぎろひ号に乗り込み、遠足気分でnotenote

松坂駅で降りた後はバスで、鬼ケ城へ。
私たちの心がけが良かったのか、誰か晴れ男か晴れ女がご一緒していてくれたのか、鬼ケ城に降りたら雨がやんで、

Photo_2

すべりやすい海岸沿いの岩につくられた道をキャッキャと降りていきました。

Photo_3

Photo_4

途中こんな看板も有って、「ああ、ここにも坂上田村麻呂が鬼退治にきてたんだ。」と。

Photo_5

足下は波でしょうか、こんな感じに浸食されてます。

しばらく行くと千畳敷。

Photo_6

その先は

Photo_7

今は、途中から通行止めになっていたので、ぐるっと回る事は出来ませんでしたが、洞穴とかたくさんありそうで、海賊の栖だったのも納得です。
荒波が押し寄せて、でも気持ちのいい場所でした。

で、そこを堪能した後、

バスから獅子岩を見て、

Photo_8

花の窟神社へ。この海岸はウミガメの産卵地だそうです。

Photo_9

伊耶那美の命が祀られています。

Photo_10

この凄い岩がご神体。
ここには伊耶那美の命の末っ子の迦具土神も祀られてます。
元々、ご神体の岩が伊耶那美のお墓だと言い伝えがあるんですが、迦具土神は父、伊邪那岐の命に殺されてますから、一緒に葬られているんでしょうね。

Photo_11

境内海岸側に有る綱。
お綱掛け神事の時のものです。

Photo_12

上部に綱が垂れているのが見えると思いますが、ご神体と結ばれています。

つづく


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »