ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« さらば あぶない刑事 | トップページ | 伏見〜京都 Ⅱ »

2016年2月13日 (土)

寺田屋〜京都 Ⅰ

9日 cloud

坂本龍馬で有名な寺田屋に行ってきました。
京都は何回も訪れているんですが、寺田屋は初めてです。

Photo

事件の有った寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼失してしまっているので、これはその後に復元されたものです。実際は、手前の建物がない部分に建っていたそうです。

Photo_2

こちらは、2階の龍馬の部屋。

Photo_3

この奥の観光客の方がいる場所が宿の女将のお登勢さんの部屋(1階)です。

この奥にお風呂場が有ってお風呂場すぐの階段をのぼってお龍さんが龍馬に急を知らせたんだそうです。

2階には柱に刀傷の後も有りますが、柱に焦げた後はないので、この刀傷も復元なのかなとは思います。

大黒柱に、島津家からの拝領品とかかれていて、入る時に貰えるパンフレットにも大黒柱は島津家よりの拝領品と明記されているんですが、これだけは焼け残ったという事なのでしょうか。それとも、復元する時に頂いたものなのでしょうか。

この日は寒くて時々時雨れたりもしていたんですが、たくさんの観光客の方がいらしてました。

産寧坂にも龍馬の常宿だった明保野亭がありそこで食事をしたことがあるんですが、明保野亭でも、龍馬は2階から産寧坂を覗いていたと聞いた覚えです。
ここ、寺田屋でも2階から見下ろしていたのでしょうか。
ただ、龍馬の部屋は通りの方に面してないので船着き場も見えていたのかどうか。

あまり外から見えるところだと色々と危なかったのかな。

« さらば あぶない刑事 | トップページ | 伏見〜京都 Ⅱ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599072/63201907

この記事へのトラックバック一覧です: 寺田屋〜京都 Ⅰ:

« さらば あぶない刑事 | トップページ | 伏見〜京都 Ⅱ »