ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 大阪城  天満宮〜大阪 | トップページ | 休みだ! »

2015年10月10日 (土)

天空の蜂

8日 sun

観てきました。
映画の趣味が割と似てる友達と、「もっくんの映画なら間違いないよね。」
ということで。

間違いなかったです。最初から最後まで気が抜ける場所なく、面白かった。
テーマは違うんですが、宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」が、頭に浮かびました。

小説は読んでません。
これは、小説読まなくてもいいかな。
終わりまですごかったし、もし小説をアレンジしてあるなら最上級のアレンジでこれで私の中では完結している映画だから、映画と違ってたら逆にがっかりするかも知れない。そんな映画でした。

ひとつの舞台が名古屋近郊なので、名古屋弁がでてくるんですけど‥…。
あそこまで名古屋弁で話す人は今いないんじゃないかな。
実は私、途中まで名古屋弁と気づかず、この人たちなまってるなぁ〜と思ってみてましたbleah
味が有って良かったんですけど、一応ね、地元民として、一応言ってみます。
映画の演出としては、名古屋弁光ってました。

ラストのメールが送信されないところ、やるせなかったです。

« 大阪城  天満宮〜大阪 | トップページ | 休みだ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「天空の蜂」大昔に読みました。東野さんの作品好きだったんです。「原発をこういう視点からとらえるのか」ということと「考えない自分はどうなんだ」ということを、読んだ時に感じたのを思い出しました。かなり印象的な作品だったと思います。
映画の評価高いですね。こてこての名古屋弁の演出、面白そう。

rinrinさん いらっしゃいませ。
天空の蜂、10年以上前の作品だったんですね。私も東野さんの作品を一時期読んでた時代があったんですが、これは読んでなくてというか、作品として知らなかったんです。
rinrinさんから、改めてかかれた時代を教えてもらって読もうと思いました。
震災前の作品だというと、感慨深いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599072/62444084

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂:

« 大阪城  天満宮〜大阪 | トップページ | 休みだ! »