ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 薄墨桜〜岐阜県根尾谷 | トップページ | HO~ほら行こうぜ »

2015年4月11日 (土)

神去なあなあ日常

raincloud

最近、お天気があんまり良くなくて、お洗濯物も部屋干しが多い。
こうゆう時、洗濯機が乾燥機能付きだっていうのは本当に助かるんだけど、毎日回してるのも洗濯機も疲れるだろうしって事で、乾燥は大物の時に使ってます。

で、こんな時は読書。
ちょっと前に、友達から『三浦しをん』いいよ〜って勧められて、まほろの映画も良かった思いがあるので、『神去なあなあ日常』読みました。

よかった。面白かった。

最近、読むのが面倒くさくなって、途中とばして読んじゃう本も多いけど、これはとばさず一気に読んだもん。少し泣いたし‥…。

もっとも私は、結構すぐ泣くので、家族からは
「え〜sign01。そこで泣くsign02
と、ひかれる事も多いけど。

登場人物が、美男美女設定っていうのも良い。
携帯電話が圏外の山奥に、美男美女。
主人公が横浜から、なんだか解らない状況で、三重県と奈良県の県境の山奥に林業をやるため放り込まれちゃうんだけど、その林業をがんばるひとつの動機が美女っていうのも、なんだか説得力があるし。

男の子ってそういうとこあるよね。

これ、『WOOD JOB!』って映画にもなってて、たまたま観れたんですけど、本から美男美女の数が減ってるんです。やっ、そこは映像なんだしさ。
親方夫婦は、本の中では、すっごい美男美女のはずなんだけどな〜。

« 薄墨桜〜岐阜県根尾谷 | トップページ | HO~ほら行こうぜ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599072/61421330

この記事へのトラックバック一覧です: 神去なあなあ日常:

« 薄墨桜〜岐阜県根尾谷 | トップページ | HO~ほら行こうぜ »