ウェブページ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2018年4月16日 (月)

鶴岡八幡宮〜神奈川県

sun

建長寺を後に、またちょっと歩くと、すぐに鶴岡八満宮。

Photo

Photo_2
八幡宮の「八」が鳩の形になってるのは有名だけど、今まで出かけても確認するの忘れてたので今回はしっかり確認。

Photo_3
こちらは敷地内の弁財天様。賑やかでした。
弁財天様って割と敷地内の池の中に祀られていることが多い気がするんですが、ここも池の中の小島に祀られてました。北条政子(頼朝の奥さん)の、政子石と言うのが裏に有ったらしいんだけど、人が多くて断念。

この日鎌倉は暑かったので、八幡宮をでたところでソフトクリームを買い一息。確か400円くらい。
Photo_4
シュークリームの皮の中に入って美味しかったけど、2回目は普通のソフトクリームでいいかなcoldsweats01


鶴岡八幡宮近辺の小路は、お店も多くて楽しいんだけど、もうかなりの賑わいで、全盛期の京都か?って思っていたら、ちょうど、京都に遊びに行っていた友達からもうすっごい人!ってLINEが来て、、、、。
桜の季節は、西の都も、東の都も黒山の人だかりなんだなとあらためて思った次第ですhappy01

2018年4月 7日 (土)

建長寺〜神奈川県

28日 sun

円覚寺を後にして、前の道をずっとまっすぐ歩く。
いつのまにか、結構な人、車も北鎌倉駅に向かう車線は渋滞。
平日なのにず〜っと連なる観光客。
建長寺まではそんなにありません。
そして、途中で、東慶寺にも行きたいと思っていたのに、通り過ぎてしまったみたい。

Photo

満開の桜。彼がこれだよ〜〜ってhappy01
この三門をくぐると、正面に仏殿がみえます。
Photo_2
仏殿前の大木がすごい。
Photo_3

仏殿。なんか,武士のお寺というか堂々としてます。
Photo_4
此の中の仏像。
Photo_5
中が明るいので天井の絵がよくみれます。

仏殿の後ろにある法堂の中のとてもやせた仏像
Photo_6
此の仏像はちょっと衝撃でした。
そして、天井の龍。
Photo_7
円覚寺にも、天井に龍がかかれていましたが、此の龍は、小泉淳作氏の作品。
2000年の作品と言う事でくっきりと描かれていて、迫力有りました。
是非天井を見上げて欲しいです。

Photo_8

唐門
Photo_9
これは、キラキラの金で細工されてます。
この唐門右手の建物に無料で入って、
Photo_10
回り廊下にすわって庭が見れます。たくさんの人がちょっと一休みしてました。

Photo_11  Photo_12

この日は、桜が満開で綺麗で、、、
通り過ぎる人が、今年の桜は綺麗だね、去年はこんなに咲いてなかったもんって話していて、なんか、得したなってhappy01
私は、関東の人間ではないのでそんなにタイミングよく来る事はこれから先、中々出来ないだろうから、、、clovercherryblossom

2018年4月 6日 (金)

円覚寺〜神奈川県

3月28日 sun

彼の休みだったので、ちょっとお花見に出かけようと、鎌倉まで。
先週奈良にいる間は、冬かsign02ってくらい寒かったんですが、この日は汗ばむ暑さでした。

北鎌倉の駅で降りて、そこそこな人。
少し歩くと、

Photo

円覚寺。ほんとは目的地は建長寺だったんですが、この北条時宗公という名前に呼ばれて。(彼は、桜ここじゃないじゃんとぶつぶつ言ってましたが、、、coldsweats01

三門。
Photo_2  Photo_3

をくぐると、前に仏殿がみえます。
仏殿の中には、

Photo_4
天井に
Photo_5
脇に

Photo_6
此の二体の仏像が、気に入って、、、。右手の方は生きているようでした。
ここ、円覚寺は写真ダメっていう張り紙も無く、すごくオープン。

ココを出て更に奥に進むと、開基廟。綺麗な形です。
Photo_7
此の形の良い建物の下に、北条時宗のお骨が石櫃に入って納められているそうです。
更に先には、時宗の妻が立てたと伝えられる黄梅院。
Photo_8
女性らしい雰囲気が漂う場所でした。

ここに行くまでに、国宝の舎利殿があるんですが、はいれません。(此の奥に、)
Photo_9

途中にある白鹿洞、
Photo_10
あの穴から、白い鹿が大量に出てきたそうな。岩に絡み付く木の根が凄い。

弁天堂にあがる階段。
Photo_11
彼はここで脱落。此の階段を上ると国宝の鐘。
Photo_12
どんな音色なんでしょうか。

そして、弁天堂から見た景色。
Photo_13
鎌倉は、山なんですね。
ここから、東慶寺が見えるとお邪魔させていただいているブログ主さんのところにありましたが、私は知ら無くて残念、ぼやっとした写真ですcoldsweats01

拝観料は、ひとり300円。広大な敷地で、一日ゆっくりしたいお寺でした。

2018年4月 5日 (木)

入水神社〜愛知県

3月27日 cloud

この日は、彼の仕事に付き合って半田(はんだ)へ。
途中で見つけた神社。

Photo

入水(いりみ)神社です。
左手に池も有って、最初、にゅうすいと私読んだので、何の神社だとつい立ち寄りました。ちょっと、曇り空で桜も寂しそう。足下には水仙かな。

Photo_2

本殿の前には、濃いピンクの枝垂れ桃?
桜にしては色が濃いし、梅だとちょっと時期が遅いかなと思ったのですが、、、。

海に近いので、いりみ なのかな〜
池はかなり大きくて4月にはちんとろ祭と言うお祭りが有り、この池に提灯で飾られた舟もでるとか。
歴史の感じられる神社でした。

2018年4月 4日 (水)

心機一転

sun

Photo

Photo_2

今年の春は、家族の移動が多くて、3月中旬から今日まで名古屋にほとんどいませんでした。
自分自身も体調の関係で2月末で退職をしたんですが、正直退職しといて良かったcoldsweats01
というくらい、忙しかったです。

一昨日の、氷川神社の桜。
これからの、人生がこんなになると良いなと思うくらいの満開と、青空でしたcherryblossom

こちらは、卒業式の娘。。
私の着物をきてくれるというのでheart04

Photo_3

2018年3月25日 (日)

卒業式

sun

先週は、娘。。の卒業式でずっと奈良に出かけていたんですが、とにかく寒かった。雨は降るしで、お寺回りもする気にならず、娘を連れて食べ歩いてしまったsweat01

プロトン ダイニング

Photo  Photo_2
Photo_3  Photo_4

こちらに、おいしいパンとコーヒーで、1900円はかなりお得ではないでしょうか。
外観よりも、中の方が感じがいい。
どこから聞くのか解らないけれど他のテーブルは海外の方でした。
ミシュランにのってるのかな?
隣の人はロシア語ぽかった。

翌日は、釜飯の有名店 志津香。
新大宮駅の近くの方です。

Photo_5 Photo_6

東大寺の近くはいつも行列ですがこちらは、大丈夫でした。

卒業式当日は、前から行きたかった菊水楼。

Photo_7  Photo_8
Photo_9  Photo_10

何にも言わなかったんですけど、娘。。の袴姿を見てプレートにデコレーションをしてくれました。ウエイター、ウエイトレスさんともにとても感じが良かった。
サラダの、ビーツのドレッシングはとても気に入ったし、安納芋のスープは、もうお芋を食べてるぐらい。

菊水楼は、建物がとても素敵で、
Photo_11

テンションがあがります。
卒業式の当日は晴れてくれて良かった、、、。
Photo_12
お化粧直しの済んだ、興福寺 北円堂です。

2018年3月16日 (金)

坂道のアポロン

15日 sun

暖かくなったレディースデイの木曜日。友達と映画を観に出かけて来ました。

Photo

たまには青春時代を思い出そうと。
1960年代後半、佐世保を舞台にした青春映画です。
それぞれに、生い立ち、家族に事情を抱えていて、屈折した二人の男の子の友情と恋愛物語。
原作は、私結構泣いたんですね。映画は、割と淡々とストーリーが進むのでそんなに泣きませんでした。
知念くんはビジュアル的にはぴったり。小松菜奈ちゃんは、原作よりずっと垢抜けた感じだったけど、演技がうまいのでこちらもいい感じでした。
中川くんがもう少し骨太な感じで演じてくれたらよかったかなと。少し、幼さが先立ってしまっていたような、、、。

どうしても、2時間の映画の中には、中々収めきれないところもあったけれど、原作もそんなに学生運動をほりさげたり、佐世保と言う場所を重くあつかってはいないので、こんなかんじなのかなぁと、、、。

ちょっとね、ちょっとだけ、物足りなかったかなcoldsweats01

2018年3月 8日 (木)

Find The Answer

rain

Photo

先月発売されたんですけどね、やっとやっとメイキング見る事が出来ました。
バタバタしてたら、ポチしそこね、発売日までにCDショップに予約も出来ず、彼が、発売日に新宿に行くと連絡が有ったのをいい事に、「お願い、探して〜」と頼んだら、CDショップ大好きな彼が、みつけてくれて手に入れたは良いんですが、まあ、名古屋に帰ってくるまではおあずけ。
で、持って帰って来てくれてからもバタバタしていて見れず、、、。

この曲、潤くんの99,9の主題歌なんですが、智くんと潤くんが二人でハモるところが有ってそこがとてもいい。
潤くんうまくなったよね〜〜。
2008年頃から比べると、偉そうに言っちゃうけど、格段にいい。
潤くんフアンには申し訳ないけど、私ソロの潤くんより、ハモりの潤くんのが好きです。

ドラマの99,9はかなり好き。
ラブストーリーの潤くんより、ちょっと変なキャラの潤くんの方が好き。
回を追って、演出の癖が強くなっていってる部分は第2回ぐらいの演出に戻して欲しいなと言う希望は有りますが、楽しんでますheart04

2018年3月 4日 (日)

ちょっと暖かくなった

sun

最近、なんやかやで忙しくてバタバタしてたんですが、今日は母から父のお世話を頼まれていたので、実家に出かけてきました。
最近、まるっと運動不足だったのと、今日はなんだか暖かかったので、歩いて出かけるかと思い立ち、スニーカーを久しぶりに出して、、、。
歩いて出かけると、まあ40分ぐらいかな。
途中、並木道みたいなところも通れるので、退屈はしない。
Photo

高速道路の下の街路樹が、ふわふわの芽?莟?をだしてました。
Photo_2

このまま暖かくなるかな。なってくれるといいな。

実家から貰って来たお土産は
Photo_3

干し柿をわらでまいたもの。どんなお味がするんでしょうかshine

2018年2月14日 (水)

ミュシャ展

sun

Photo

友達に誘われて昨日松坂屋美術館で開かれているミュシャ展へ行ってきました。
夕方出かけたせいか空いていて、ゆっくり見る事が出来ました。
全体に色味を抑えたどちらかといえばセピア色の世界の中の可愛いかったり美しかったりする女性は見る者を誘っている。ポスターだからでしょうか。
フランスの大女優のサラ・ベルナールのポスターを手掛けた事で一大センセーションを巻き起こした画家。
メニューとか楽譜にも挿絵をいれているんですけど、こんな楽譜だったら練習も楽しいかも。

最後のコーナーに、版画の体験コーナーが有るんですけど、結構楽しかった。

Photo_2

右はずれちゃってます。

甥っ子が夏にチェコに出かけた時に美術館にいって見て来たらしいんですが、彼は「ムッハ」を見て来たって言ってたんですね。??って思ってたらミュシャだった様子。
ミュシャってフランス語呼びなんですね。
そういえば、アメリカ人の知人にゴッホって言ったら通じなくて、ヴァンゴーだと言われた事が、、、。

ミュシャですが、美しい女性と花がメインの絵なんですけど、全部を見終わった時に、私にはなんだか恐いというか、闇と表現したらよいのか、そんな感情が残ってしまう絵でした。

«氷川女體神社〜埼玉県